働く場所と今後の目標について

地方に工場や研究所などが多いIT関連企業ですが、やはり東京や大阪などの都市部で働きたいと考えているエンジニアは少なくありません。もちろん地方にも物価が安くて生活コストがかからないなどといった、一種の働きやすさはあるかもしれませんが、転職して都市部で働くことを目標にしているエンジニアも多いのです。やはりIT企業にとっても、都市部に主要機能を集中させる傾向があり、出世頭なども都市部に集まりやすいと言えます。それにIT関連企業は仕事が上部から下部にどんどん落とされていく業界です。下請け企業が多く存在し、下請けの大部分では厳しい納期を守るために苛烈な長時間労働をしなければいけないことも珍しくありません。労働時間の長さがIT企業の大きなマイナスポイントとなってしまっており、そうした長時間労働が横行しているのはほとんどが下請けのIT会社なのです。

そこでエンジニアとしても、転職によってより良い条件の職場、要するにより上部の職場にアップすることを目標にしている人も多くいます。そしてそうした上部の企業というのは、東京や大阪などの都市部に集中しやすく、結果として都市部で働きたいと考える人が多くなっているというわけです。また、そもそも都市部や地方、或いは上部や下部などといったことにこだわらず、独立してフリーランスとして活動することを目標にしている人も少なくありません。フリーランスであれば、そうしたIT企業のしがらみにとらわれずに働くことができるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です