営業競争の厳しい大阪のフリーランサー

フリーランサーとして大阪で働くエンジニアは委託案件を豊富に獲得することができます。東京と並んで企業が多い大都会であることからIT化が著しい勢いで進んでおり、システム導入やWeb開発のようなトレンドの業界における人材は特に重宝されている状況があるのです。求人募集自体は多いものの、その内容と報酬についてはピンからキリまであり、割の良い仕事ややりがいがあって報酬が高い仕事は激しい獲得競争に見舞われます。その中心となるのが営業競争であり、自己アピール力がある営業力が求められる様相が強いのが大阪のフリーランサー事情です。もともと地域性として高いコミュニケーション能力が必要とされていることもあり、現場で互いに主張し合いつつも認め合う雰囲気が強い傾向があります。そのため、営業力と一口に言っても自分のことをただひけらかすのではなく、その企業の魅力を認めて強調しあう意識の強さが重要視されているのが現状です。

また、エンジニアとして仕事を獲得するためには高いレベルの営業力が必要とされるのが大阪となっており、たとえ依頼を受けられたとしても、職場を同じくするスタッフたちとそのときの営業力と同じレベルでのコミュニケーションが必要とされています。このような状況が生み出しているのは、ただスキルが高いだけではなく、人として主張する力と受け入れる力を兼ね備えるエンジニアが現場で認められやすく、実際に活躍しているという現状です。
言い方を変えれば、東京や大阪といった都市部での仕事において、例え環境が変わったとしても技術力以外にあらゆるスキルを有しておくことが、認められるエンジニアへの近道であり、今後のフリーランス人生を左右すると言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です